2016年7月16日土曜日

LightningもmicroUSBも。ケーブル内蔵型モバイルバッテリーが予想以上に便利だった




使ってみると良さがわかります

モバイルバッテリーって、かなりの種類を持っています。まぁ、充電回数が決まっている消耗品なわけで、だいたい1年くらいで買い替えという方が多いのかもしれません。

して、今使っているモバイルバッテリーがこちらです。








ケーブル内蔵型のバッテリーです。これまでモバイルバッテリーは充電用ケーブルと一緒に持ち歩いていたのですが、「ケーブル忘れ」という大ポカを何度かやってしまいまして…。

でも、こちらのバッテリーはケーブル内蔵です。



側面からはクイッとケーブルを引き出せます。



ケーブルの先っぽは十字になっていて、本体に充電するためのUSB端子。そして出力用のmicroUSB端子が備わっています。

そう、本体に充電するときも、別途ケーブルを用意する必要はありません。本当にケーブルレスでOKという貴重なモバイルバッテリーなのです。



ケーブルスロットの奥にはさらに、Lightning変換コネクタが収納されています。こちらを取り出すことで…。



iPhoneの充電もOK。Lightning、microUSB、通常のUSB。3つのケーブルが要らなくなるのです。



外装はプラスティックですが、革風なデザインになっていて見た目もオシャレ。



本体サイズは5インチスマホと同じくらいでしょうか。手持ちのP8Liteと並べたらほぼおなじ大きさ、厚さでした。それでいて容量8,000mAh。十分ですよね。





カラーバリーエーションも豊富で、このホワイトの他、ブラック、グリーン、オレンジがあります。価格は1,980円。2,000円以下でこの便利さと容量が手に入るのであれば、ものすごくコストパフォーマンス高いのでは?

新しいモバイルバッテリーが欲しいなぁ…。と考えている方は検討してみてはいかがでしょうか。悪くない選択肢、悪くない利便性です。


0 コメント:

コメントを投稿